Web会議|世界最高水準のセキュリティと稼働率

セキュリティも安心・安全。情報漏洩を防ぎ、安定したサービスをご提供

漏らさない、残さない。安心のセキュリティ機能

セキュリティも安心・安全。情報漏洩を防ぎ、安定したサービスをご提供

SSL暗号化でデータの秘匿性を確保。インターネットを介した通信でも安心してご利用いただけます。SaasBoardでは会議室で共有された情報を、会議終了後に自動削除することが可能。サーバ上にはデータが残らないため、機密情報のやり取りにも最適です。

さらに操作権限、アクセスコントロールなどきめ細かな設定も揃っており、不正アクセスやデータ盗用を防ぎます。

SaasBoardセキュリティ詳細:
(a) 通信の安全性 : SSL(4096bitRSA+128bitAES,業界最高水準)を用いた暗号化
(b) サーバの安全 : IDS/IPS(不正侵入防御・遮断システム)、ファイアウォールの導入
(c) ハウジング : 大手国内データセンター体制。24時間365日死活・障害監視
(d) ウィルスチェック、セキュリティパッチ管理
(e) ID・パスワードの運用管理 : 暗号化管理.流出防止対策済み
(f) 会議オーナーの設定により、Webボードへのアクセス制限が可能
(アクセス禁止、閲覧のみ、閲覧・編集などを個人レベルで設定可能)
(g) 会議オーナーの設定により、会議終了後に会議データを自動消去

「災害時にも止まらない」高速・高信頼サーバ

サーバは、高品質を誇る大手iDC(データセンター)内に設置(ISO9001/ISMS認証取得)。 インターネット上位を主要IX、大手ISPに直結し最適ルートを多数確保し、高速かつ安定したアクセスを実現しました。伝送は2系統BCP対応。災害時にも止まることがない、高セキュリティ、高リライアビリティのサービスです。

    今のネットワーク環境はそのまま!すぐ使えて安心

  • いまお使いのプロキシやファイアウォールなど、既存のポート設定は変更不要。現在のネットワーク環境そのままで高セキュリティを実現します。
    独自の帯域制御技術を採用。通信帯域による振れ幅なし

  • 映像・音声は、当社独自の帯域制御技術を実装。PCのCPU負荷を軽減し、快適な通信環境を提供します。 また、SSL暗号化を徹底しているため、インターネット上で伝送データをスニッフィング(傍受)されたとしても安心。暗号化されたデータの復元は困難です。
    優れた設備と運用・監視体制

  • iDCでは、災害を想定した耐震、自家発電設備、消火設備などの災害対策はもちろん、 24時間365日の有人監視、生体認証設備、監視カメラによる防犯対策まで、徹底したセキュリティ管理を行っています。

SaasBoard製品詳細 (品質、性能、安全性評価数値、実績および保証)

(1)品質
(1-a) サービスの年間稼働率:99.97%
(算出根拠:SaasBoard サービス稼働状況 過去5年 2012-2016平均)
(1-b) サービス監視:24時間
(1-c) バックアップ対策:定期バックアップ(24時間間隔)
(1-d) 個人情報の取り扱い
 個人情報保護方針を制定,遵守  (別紙:個人情報保護方針参照)
(1-e) 受賞・表彰歴

  • ものづくりにおいて国内随一の権威をもつ「りそな中小企業振興財団 第23回中小企業優秀新技術・新製品賞」優良賞受賞(2011年)
  • 経産省を中心に構成される情報化月間推進会議より、情報化促進に貢献する情報処理システムとしての「情報化月間推進会議議長表彰」受賞(2010年)
  • 社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)からの表彰「アライアンス大賞.奨励賞」受賞(2010年)
  • 情報処理推進機構(IPA)による「未踏IT人材発掘・育成事業」認定(2008年度下期)
  • その他、情報処理学会からの表彰「野口賞」受賞、「優秀論文賞」受賞(DICOMO2009シンポジウム)
    など、その独創性・技術・品質は産・学・官に広く認められています。

(2)主な性能
(2-a) サーバ性能:ロードアベレージ0.3(処理待ち無しの高速動作)
(2-b) ネットワーク平均帯域使用率:8.6% (サービス帯域に充分な余裕あり)
(2-c) 映像サービス性能:画像サイズ264×198から1600×1200まで対応,15fps
(2-d) 音声サービス性能:20.6kbps,16kHz
(2-e) 1会議同時参加人数:100名

(3)安全性
(3-a) 通信の安全性:SSL(4096bitRSA+128bitAES,業界最高水準)を用いた暗号化
(3-b) サーバの安全性:IDS/IPS(不正侵入防御・遮断システム)、ファイアウォールの導入
(3-c) ハウジング:大手国内データセンター体制、24時間365日死活・障害監視.
(3-d) ウィルスチェック,セキュリティパッチ管理
(3-e) ID・パスワードの運用管理:暗号化管理、流出防止対策済み.

(4)保証
1.当社は本サービスを提供すべき場合において、当社の責に帰すべき理由により、契約者に対し本サービスを提供しなかったときは、 契約者が本サービスを全く利用できない状態にあることを当社が知った時刻(以下「障害発生時刻」と言います。)から起算して、 連続して24時間以上、本サービスが全く利用できなかったときに限り、契約者の申告に基づき損害の賠償をします。
2.前項の場合において、当社は、障害発生時刻における契約者との契約内容の月額料金を限度として損害の賠償をします。
3.損害賠償の金額は、申告契約者の第1項におけるサービス停止時間を当該月内サービス提供可能総時間で割った値に、申告契約者のサービス月額基本料金を掛けた額です。

SaasBoard SLO (Service Level Objective / サービスレベル目標) はこちら